メイド・イン・カンダ

「都市神田学 Urban Kandaology」for 3331 Arts Chiyoda + TRANS ARTS TOKYO 2013 連動企画展 Made in Kanda

Dates: 2013年10月27日〜11月17日 | Type: Exhibition + Workshop | Location: Tokyo, Japan | Team: アトリエ・ワン+東京工業大学大学院塚本由晴研究室 featuring 大佛俊泰研究室 (Atelier Bow-wow + TITech Tsukamoto Laboratory feat. Osaragi Laboratory)

建築かユニット、アトリエ・ワンと東京工業大学大学院 塚本由晴研究室 featuring 大佛俊泰 研究室による、神田のまちのフィールドワーク。

江戸時代から栄えた神田には、今でも至るところに歴史の痕跡を見出すことができます。 「都市神田学」では、神田を覆う折り重なった時間のレイヤーを剥がしていくことを試みます。

そのために100年(歴史、小説、地図)、50年(建築)、1 日 ( ビッグデータ ) といった異なる時間的尺度をあてることで、都市を観察します。

展示では、はじまったばかりの「都市神田学」のプロセスを展示します。 神田にまつわる資料やドローイング、神田の一角の模型に一日の人の動きのシミュレーショ ン動画をプロジェクションする作品などを用いて、多角的にプレゼンテーションします。

都市神田学憲章

ー、神田の歴史に敬意を払うこと

ー、神田のいまを愛すること

ー、神田の未来に貢献すること

The fieldwork of Atelier Bow-wow + TITech Tsukamoto Laboratory and Osaragi Laboratory, concerning the urban condition of Kanda (Tokyo).

Even now, we can find traces of history everywhere in Kanda, which flourished during the Edo Period (1603-1867). In “Urban Kandaology,” we try to peel off the layers of time which have piled up and concealed the area.

In order to do this, we observed the city at different time scales—100 years (history, novels, maps), 50 years (architecture) and 1 day (big data).

This exhibition shows our process of “Urban Kandaology,” which we have just barely begun. It is a diverse presentation of Kanda-related materials, drawings and a map of the area upon which is projected simulations of the daily movements of people in Kanda.

Urban Kandaology Charter

— Pay respect to the history of Kanda

— Love Kanda as it is today

— Contribute to the future Kanda

Workshop: まちあるき+ドローイング

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s